マッチング制度の導入で地方の病院の医師不足が深刻化

2004年度より開始された新医師臨床研修制度で導入されたマッチング制度。一言で表すならば、医師免許を得て臨床研修を希望する者と臨床研修指定病院の研修プログラムとを、双方の希望を踏まえたうえで、コンピュータが算出する一定の規則を用いて、組み合わせを決定するシステムです。

臨床研修指定病院とは、研修先としての要件(定員・指導医の条件など)を満たし、厚生労働省の指定を受けた施設のことで、プログラムに応じて4つのタイプに分類されています。この新しい制度によって出身校以外の研修先を選択することが可能になったため、医局から研修医がいなくなるという事態が相次いで起こりました。

教授を頂点とした医局の権力構造も弱体化

その結果、医局の持つ医師の派遣機能が損なわれ、医局自体が弱体化してしまいました。人員に余裕のない医局は地方等に派遣していた医師を呼び戻さざるを得ず、地方の病院を中心に医師不足が起こりました。

そして、病院に残った勤務医の負担が増した結果、その勤務医も止めてしまい、更なる人手不足や診療科の閉鎖・縮小を招くという悪循環に陥っています。

従来は研究成果を博士論文にまとめて医学博士号を取得することを目的に大学へ戻る医師も少なくありませんでした。

しかし近年は専門医の取得を目指す医師が増えたこともあり、症例件数は多いものの、一人当たりの症例数が限られる大学病院ではなく、症例の多い都市部の民間病院の志向が強くなったことも、医局離れの原因の一つと考えられています。

最近では、研修医が堅守を受けた病院にそのまま就職せず、医局に入局するという動きも見られるようになりました。大学で臨床と研究を行いながら。派遣先の中核病院で専門性を生かして地域の病院や開業医との関係を構築する中で、「開業」もしくは「勤務医の継続」という選択肢を持つことができるのと同時に、地域医療の底上げも期待できるとされています。

多くの民間病院では30歳代の医師を招聘できないという問題を抱えています。その最大の原因は高度な症例、量、設備がないこと、その結果得られる資格を獲得できる環境を用意できないことにあります。そのニーズに応える環境を用意できれば、医師の集まる病院に生まれ変わることができるということもあります。

例えばないかは充足しているが外科の医師は不足している病院であれば、「外科の資格がとれる」という環境にするということが考えられます。自院が専門医認定施設になるためには何を磨ればよいのかを洗い出し、病院内でコンセンサスを得るなど、まずは講堂を替えることが病院を変える第一歩となります。

本当のスペシャリスト育成に至っていない専門医制度の課題

日本では、国による明確な専門医制度が確立していないため、医師国家試験に合格した医師は、標榜科目を自由に選択することができます。しかし、患者に信頼される専門医の育成や認定、生涯教育を通じて医療の質の向上を目指すことは、医療が複雑・高度化する今日の社会では必須です。

勤務医として臨床能力を研鑽する

そこで、社団法人日本専門医制評価・認定機構では、加盟している各学会と協調し、5年以上の研修を受け、資格審査ならびに専門医試験に合格して、学会等によって認定された医師を専門医と定義しています。現在、同機構に加盟する75団体のうち54団体に専門医広告が許可されています。

しかし現在の制度は、取得に高いハードルを設定している学会もある一方で、簡単なペーパーテストと面接のみという非常に取得しやすいものも多く、名実ともにスペシャリストと呼べる人材の育成にいたっていないのが現状です。

本当の意味での専門医制度が確立されていないため、自由標榜制が成り立っているともいえます。専門医制度が強化されれば、提供する医療の質の向上につながるなど、患者のメリットは大きいものがあります。

近年は特に、総合医の専門医制度確立に期待が高まっています。総合医に求められる役割(①地域住民に多い症状に幅広く対応する、②初期診療に対応し、専門的な医療機関を適切に紹介する、③患者との継続的な関係を保つ、④患者の疾病予防や健康保持を支える)を果たすことができる専門医として、総合医を育成する教育・研修システムの必要性が高くなっているのです。